メルマガ登録 お問い合わせ

住宅のリフォーム

ロングライフは介護関係のリフォームだけでなく、住宅全般のリフォームも行っております。
家族が増えた(または減った)、使っている設備が古くなった、使いづらいなどご不便などがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

お風呂、バスルーム、浴室

風呂・バスルーム

お風呂は、この20年間でかなり進化しています。
タイルを使った昔ながらの浴室は、今ではシステムバスルームが当たり前になっています。
浴室全体を温めて、風呂場に入った時の足の冷たさを解消したり、湯船などの素材が変わってお手入れがすごく簡単できれいな状態が長持ちするようになっています。
また、使いやすい水栓やカウンターもリフォームにお奨めです。
浴槽やシャワーもより少ない水で変わらない使用感になるよう、自然に節水できる設計になっています。
画像はTOTOのシステムバスルーム

キッチン、台所

キッチン、台所

キッチンや台所のリフォームは使う方の利便性を考えて行いましょう。
作業動線か短く効率的なデザインが求められます。L型や対面式など様々なデザインがありますし、収納もしっかり考える必要があります。
また、どうしても暗くなりがちなキッチンや台所の場所でも、十分に光が入るような設計なら電気代の節約になります。
水の配管と電気系統を離すなど安全面にも考慮したキッチンが長く使う上では必要になります。
収納は別途食器棚を置かないでも十分なスペースがあると、ダイニングがスッキリとして使いやすくなります。
将来のことを考えると、バリアフリーなども必要になるかもしれません。
画像はTOTOのシステムキッチン

洗面台

洗面台

洗面所や洗面台のリフォームを考えるときにはどんなことに気をつければいいのでしょうか?
住宅の設計では、水回りの設備は一箇所にまとめられています、洗面台の近くにはお風呂場や洗濯機、トイレがあることが多いです。
ですので、案外見落としがちな収納も考えて、タオル、バスタオルなども保管する場所が必要です。
また、洗濯機が近くにある場合は洗濯物(洗濯する前と後)の置き場なども考えるべきです。
今では当たり前になった、洗面台のシャワーも少な水で使えるような最新のシャワーヘッドだと節水にもなります。 画像はTOTOのシステム洗面台

トイレ・便所

キッチン、台所

トイレは一日に何度も使う場所ですから、リフォームの時はよく考えて設計しましょう。
将来のことを考えると、間口を広くしたり、手すりをつけたりするのも考えないといけないかも知れません。
最新の便器は水を貯める場所が小さくなっているので、便器を変えるだけでもトイレが広くなり開放感がでてきます。
どうしても、狭くて暗いイメージがあるトイレですが、ちょっとした工夫をするだけで明るく、使いやすく、お手入れしやすい場所に変化します。
画像はTOTOのトイレ

メルマガ登録 お問い合わせ

このページの先頭へ