介護が必要な病気!パーキンソン病!

 

 

034627

 

パーキンソン病の原因は、
脳内にあるドーパミンと言われる物質が

 

減少することで障害が体に発症します。
症状は

 

足のすくみや手のすくみにより、字が書くのが

 

困難になったりします。

 

また、「仮面様顔貌」と言われる症状は

 

顔の表情が乏しく、なってしまったりします。

 

動作緩慢は動作がゆっくりになってしまって

 

敏速な行動が困難になってしまったりします。

 

高齢になると発症しやすくなります。
振戦と呼ばれるものがありますが、この症状は

 

多くが片方の上肢から、発症っして、発症した下肢へ

 

次は反対側の上肢へ、次に 下肢へと移っていきます。

 

介護が必要になる病気として、廃用症候群がありますが

 

この症状は体を動かすことが苦痛になるもので

 

予防としては、普段から、体を動かす様にすることで

 

予防できますので、意識して体を動かしましょう。

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ