「有料老人ホーム」と「特別養護老人ホーム」!違いは?

 

「老人ホーム」と言うと

一般的には「有料老人ホーム」が

思い浮かぶんではでは、ないでしょうか?

 

それとは別に、「特別養護老人ホーム」と

呼ばれる老人ホームがあるのは

あなたは、ご存知でしょうか?

 

ほとんどの方は

「有料老人ホーム」に入居されていんるのが

現状です。

 

なぜなら、圧倒的に数が

「有料老人ホーム」のほうが多いからなんです。

 

「有料老人ホーム」と「特別養護老人ホーム」

違いはなんなの?

 

疑問になられることでしょう。
大まかな違いは

民間か公共かの違いなんです。

 

「特別養護老人ホーム」が公共で、

入居されるにあたり、制限があり、

 

「65歳以上で要介護1~5の認定を受け、

常に介護が必要な状態で自宅での介護が困難な方ですので、

寝たきりや認知症など比較的重度の方、

緊急性の高い方の入居が優先となります。」
要するに、介護の必要度が高い方の入居を

国で、保障しますよ。

 

って、ことなんです。

 

そのため、入居費用を

「有料老人ホーム」と比べると、

「特別養護老人ホーム」比較的に

安く、入居することが可能です。

 

そのため、希望者が多く、

長いと10年待ち、なんて所もあるぐらいです。

 

それに、比べ、「有料老人ホーム」は

比較的に、入居しやすいのが特徴です。

 

また、

医療サービスの制限が、

「特別養護老人ホーム」にはあったりしますので、

 

生活のしやすさを考えるのなら、

多少、費用がかかっても、

「有料老人ホーム」を選ぶことになります。

 

ですから、最終的には、

どちらを選ぶかは、あなた次第になります。

 

私の考えとしては、

まず最初に、お住まい希望の地域の

「特別養護老人ホーム」を探してみて、

 

入居ができなそうなら、

「有料老人ホーム」を探すのが

良いのではないでしょうか?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ