2025年問題と介護保険!

 あなたは「2025年問題」知っていますか?

団塊の世代と呼ばれる1947年~49年生まれの

方達が一斉に75才を迎えるんです。

この三年間に生まれた方は第一次ベビーブーム時代と

呼ばれるくらいに人数が特別に多いんです。

「この世代の年間出生数は250万人を超え、

1947年(昭和22年度)は267万8792人で、

1948年(昭和23年度)は268万1624人で、

1949年(昭和24年度)は269万6638人で

[3]3年間の合計は約806万人にのぼる」
(厚生労働省の統計[4])

高齢者には2段階に別けられるのですが

前期高齢者が65才~74才

後期高齢者が75才以上

なんですね。

ですから、75才以上と呼ばれる

後期高齢者が2025年のには

爆発的に増えてしまうんです。

全人口の割合からみても18%で

五人に一人が後期高齢者になることが

予想されます。

そこで問題になるのが介護保険です。

このままでは破綻する可能性が高いんです。

そのため、来年の2015年から

厚生労働省の介護保険部会は、

一定の所得がある高齢者の自己負担を

現在の1割から2割にすることを盛り込んだ意見書の

素案を提示したんです。

どうなるか分かりませんが

負担額の増額は残念ですが

避けて通れないかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ