介護予防体操(ロコモティブシンドローム)を紹介します!

 

 

音楽にのって、この体操で介護予防!

 

 

運動器症候群(ロコモティブシンドローム)を

予防するには、体を動かしことが重要です。

 

高齢になると、なかなか、体を動かす機会が少なくなると

介護を必要な体に、なってしまいます。

 

それを予防するのに、最適なのが、定期的な

体操ではないでしょうか?

 

この「口コモ予防ソング ~口コモかしこもサビないで~」

歌・歌詞・作曲
リピート山中

 

この曲に合わせて、体操することで

介護予防に役立ちます。

 

この体操を考案したのは

東北福祉大学の鈴木玲子さんです。

 

私も、実際に曲に合わせて、体操してみましたが

なかなか、テンポ良く、体を動かすことができ

体がやわらかくなった様な気がします。

 

これをできれば、毎日、することで

運動器症候群(ロコモティブシンドローム)の

予防になるのなら、とても、いいんじゃないでしょうか?

 

この体操は、老若男女問いませんので

家族みんなで、いっしょに毎朝、することを

おすすめします。

 

時間も、4分ぐらいで、楽しく体操ができるので

楽しみの一つになることだと思いますよ。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ