介護リフォームと認知症!

 

 

名称未設定-4

 

 

認知症の特徴として、

「徘徊」があります。

 

夜間など、一人で外出してしまったり、

そんな行動をするようになります。

 

なぜ、そんなことが起きてしまうのか?

健常者は不思議に思うはずです。

 

認知症の本人は、自分が認知症だとの

自覚が無いため、本人は正常だと思っています。

 

本人は好きだった場所や、すごしやすかった所を

求めて、徘徊することもあります。

 

そのための原因の一つには、現在住んでいる空間が

考えれられることもあります。

 

本人が昔ながらに、住んでいる場所でも、

介護リフォームによって、変わってしまうのも

原因なのかもしれません。

 

そのため、介護リフォームを行う場合は

出来る限り、「古いシミ」や「古い家具」を

 

残しつつ、本人に馴染みのあるものは

残すことも、徘徊を防ぐ、一つでもあります。

 

本人が住んでいる家を、本人が自覚できるような

介護リフォームを行っていくのも

課題ではないでしょうか?

 

あなたもありませんか?

 

旅行から帰ってきて、我が家に着いた時

ホッとして、「家が最高!」

こんな経験はありませんか?

 

認知症の患者も、自宅が居心地の良い場所であれば

徘徊も防止できるんではないでしょうか?

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ