介護支援専門員!ケアマネージャーって何?

 

要介護の認定を受けた場合に、

一番、お世話になるのが

ケアマネージャー(介護支援専門員)ですね。

 

日常生活に必要な援助を、いろいろと

してもらっていると思います。

 

 

ケアマネジャーの主な仕事は

 

 

 

  • ケアプランの作成
  • 住居サービス事業者や施設等との連絡調整
  • 介護保険の給付管理事務 等

 

要介護者にとっては、とても重要な役割を

しているのがケアマネジャーなんです。

 

そのケアマネジャーになるには

そうすれば、良いのでしょうか?

 

 

受験資格

 

 

  • 看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士などの国家資格等所持者
  • 法律に定められた施設での援助業務経験
  • 介護職員初任者研修、ホームヘルパー2級などの取得者

 

これらのどれかに該当しているもので

5年以上通算900日以上介護業に従事している方に

受験資格が与えられます。

 

それと、介護の仕事に従事していなけらばなりません。

資格をもっていなくて、

コレらに該当していなくても、

 

通算10年、1800日以上介護業務経験があれば

無資格でも受験することが出来ます。

 

介護の現場に長年、頑張ってきた方にも

経験や知識をいかしてもらおうと

考えているみたいですね。

 

 

ケアマネジャーになる手順は

 

 

先ほどの受験資格が有る方なら、

次の手順を踏むことで

ケアマネジャーになることが出来ます。

 

  1. 「介護支援専門員実務研修受講試験」受験(H27年は10月中旬)
  2. 「実務者研修」受講
  3. 「介護支援専門員資格登録簿」登録申請
  4. 「介護支援専門員交付書」申請、発行

 

ケアマネジャーの合格率は

20%未満と言われています。

 

重要な役割を担っている、ケアマネジャーなので

簡単にはなれそうには、ありません。

 

それが故に、要介護者が安心して、

支援してもらえるんでしょう。

 

「ケアマネジャー」に興味が有る方は

 

ケアマネジャー

http://www.mhlw.go.jp/index.shtml

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/02/s0223-8d6.html

 

ココに詳しく、書かれていますので

参考にしてみては、いかがですか?

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ