スマイルケア食!介護食品の新愛称決定!

 

 

介護食品の新愛称は「スマイルケア食」です。

 

農林水産省は、11月11日の「介護の日」に

幅広く普及させるため、介護食品をの

新愛称を決定しました。

 

「新たな介護食品の愛称は・・・スマイルケア食です!」

応募総数、1091件の全国からものの中から

 

「スマイルケア食」と新しい介護食品の

愛称に決まりました。

 

1000億円程度が、現在の介護食品による、

市場規模ですが

 

在宅療養している7割以上の高齢者が

「低栄養状態」だと言われています。

 

「スマイルケア食」は2兆8000億円の

潜在的ニーズを農林水産省では、見込んでいます。

 

「介護をする人も、される人も共に笑顔になれる食品」

とスマイルケア食と言う呼び名で

 

高齢者に栄養が行き渡る、食事が

普及することできれば、

健康な体を、つくることができそうです。

 

深刻な介護の問題も、

言葉を変えるだけでも、解決の

 

糸口が見つかることも

出来そうな気がしませんか?

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ